男性

マンガやアニメの専門学校を自分の都合に合わせて探してみよう

マンガ一本で生活したい

イラスト

マンガ家は多くの方が憧れている花形職業でもあります。しかし、プロとなりその仕事だけで食べていくという事は大変であり、狭き門となっています。専門学校で基礎知識や技術を身に付けて努力することが大切です。

学べる時間

吹き出し

「マンガやアニメの技術や知識を学びたいけど、本業が忙しい」、という悩みを持っている人は多いものです。マンガやアニメの専門学校に通いたくても、本業や勉強で忙しいという人は、夜間講座や土日講座を設けているマンガやアニメの専門学校を探してみるとよいでしょう。専門的な知識を兼ね備えることによって、自分の夢を実現することにも繋がります。独学よりも専門学校の方が効率よく学べると人気になっているのです。

夜間講座や土日講座は、全日制の授業と比べると必然的に授業時間が短くなります。そのため、「きちんと勉強できるか不安」と考えている人も多いのです。しかし、マンガの専門学校ではこうした悩みに答えるべく、基礎から実践技術までが学べるコースが用意されています。少ない授業時間でも必要な技術や知識が習得できるようにカリキュラムが組まれ、初心者向から上級者までがしっかりと学ぶことができます。また、出版社への持込のノウハウ、作品PRのコツ、持込イベントへの参加など、外部へのアプローチも短期間でしっかりと学ぶことができます。働きながらしっかりとした技術を身につけたい人、マンガやアニメ業界や出版業界とのつながりを確保してスキルを習得したい人は、マンガやアニメ専門学校の夜間講座・土日講座を受講するのも手です。

学校の強みとは

男の人

マンガの専門学校であれば執筆に必要な基礎的な事が学べるだけが強みではありません。プロになれるチャンスがあるのです。日々評価をしてもらえますし、業界を身近に感じる事もできるでしょう。

資料請求をする

漫画

資料請求をすれば、マンガ科目がある専門学校選びがスムーズに行えるでしょう。他にも積極的に体験入学や入学説明会に参加するなどをして、自分に適している学校かどうかを見極めましょう。