レディ

マンガやアニメの専門学校を自分の都合に合わせて探してみよう

  1. ホーム
  2. 学校の強みとは

学校の強みとは

男の人

マンガ家は狭き門であると端から諦めているようでは、専門学校に無事通えたとしても通う意味がありません。マンガ家という職業は誰でもなれる可能性は大いにあります。担当が付いてくれる、あるいは佳作でも何でも作品を掲載してくれる賞を受賞する事が出来れば、誰でもマンガ家という職業にはなれるでしょう。そして専門学校は業界との繋がりがある学校が多いです。業界の情報が即座に入ってきますし、授業の一環として有名な出版社から編集部の方がやってきて作品の添削をしてくれます。このメリットがあることで、どの出版社でコンクールや大賞があるかが把握出来ます。もちろん学校は個人的にもしくは授業の一環で応募をするように促します。

作品をひとつしっかりと完成させる事はとても大切であり、例え授業であってもこれはマンガ家への道を歩むには必要です。大賞に送る事も出来れば、講師としてやってきた編集の方に作品をしっかりと見てもらう事ができます。とにかく作品を見てもらい評価をしてもらう事からマンガ家への道は始まっていくのです。それが円滑に出来るようになっているのが専門学校であります。どの学校であろうが編集は同一の目線で作品を評価し、それを掲載させるか否か、そして担当するかどうかを決めます。評価されるのは嫌だと感あげる方もいるかもしれませんが、まずプロになるには評価されなければならないのです。そして日々の専門学校生活でも評価はされるでしょう。当たり前ですが、評価される事は自分の未熟な部分を知る事が出来ます。それをどう改善していくかは専門学校がしっかりと指導してくれます。そして良い所は伸ばすように指導してもらえます。評価で全てを決められるのではなく、自分を知りよりプロへと近づけるようになります。専門学校であれば業界も近く、講師もいますので強みとなるでしょう。